保水力を保てなくなるわけ

念入りにお肌の手入れやUV対策もしたつもりなのに、気付かないうちにシミができていたりしまうよね。

頑張った甲斐がないなぁと、思われた方もたくさんいるはずです。

そんなシミ退治をするには、ビタミンCの積極的な摂取が欠かせません。

ビタミンCを摂取することによって、シミって結構改善されていきます。

毎日の食事だけでは、なかなか摂り入れにくいという方は、サプリメントで補うのも一つの手です。

スキンケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、お肌にとって刺激成分が含まれていないということを優先しましょう。

保存料のようなものは、刺激が強いのでかゆみや赤みをもたらすことがありますから、成分表示を充分注意しましょう。

また、安いからといって安易に選ばず、自分の肌にあったものを選びましょう。

お肌のために最も大切なのは、お肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。

してはいけない洗顔方法とは、肌トラブルの原因となり、保水力を保てなくなるわけですね。

力任せにせず優しく洗って綺麗にすすぐ、大切なことを意識して洗う洗顔を行いましょう。

乾燥する肌は、日々の洗顔とその後、潤いを閉じ込める作業を間違いなく行うことで、より良い状態にすることができます。

日々化粧をしている方は、クリアネオパールで化粧落としから改めてみましょう。

メイク落としで気をつける点は、メイクをきちんと落とすのと共に、必要な角質や皮膚の脂は残しておくようにすることです。

乾燥肌にならないためには、ほどよい洗浄力で低刺激性のクリアネオパールを使うようにします。

落ちにくいところは専用のリムーバーを用い、肌荒れにならないように注意してください。

洗顔もゴシゴシと洗ってはいけません。

キメの細かいクリアネオパールの泡を作って丁寧に洗い、低めの温度のお湯で十分に流しましょう。

赤ちゃんのようなきれいな肌を保つには、保湿することがとても大切になります。

お肌がカサカサしやすい方は、基礎化粧品はしっかり保湿してくれるものを選んで、肌の潤いを無くさないようにしてあげましょう。

クリアネオパールで丁寧に顔を洗ったら、時間がたたないうちに肌にたっぷり化粧水をつけ、それから乳液やクリームなどで肌の水分を保ちましょう。

そんなクリアネオパールの口コミでも、美肌力がアップすると書いてありました。

 

 

私の多彩な趣味について

私の今の趣味は、①「育児」、②「節約」、③「プチDIY」です。

①「育児」:赤ちゃんを観察したり、刺激を与えることによる影響や反応を見ているのは大変楽しいです。

人間という生き物は、それぞれ成長段階で課題があります。

それを与え、吸収すると、少しだけ変化が生まれるのです。

最近息子は目が見えるようになり、手足もバタバタ使えるようになってきたので、散歩に連れて行きます。

生後三ヶ月ですが、お友達を観察させに出かけるのです。

そういった様々な課題を度々用意してあげると、数日後、数ヵ月後、変化が見られるのです。

そういう少しばかり実験的な要素がたまらなく楽しいですし、息子が人間的に豊かになっていく姿がたまらなく好きです。

②「節約」:如何にクオリティを落とさず、お金を使わないで仕上げるかということに「仕事」的なやりがいを感じます。

それと同時に、スケジュール管理・・・時短等、実際職場で働いてるかのような目に見える実績を出すことにやりがいを感じています。

それと、家事が楽しいです。

③「DIY」:②の節約の延長線上で、如何にやりやすい環境を作るか・・・ということに目覚めました。

若干ミニマリストを目指しており、足りるということはどういうことであるかと言った哲学的な要素を交えて、生き方について考えています。

家の構造や色、雰囲気を工夫するとモチベーションから、必要な家事や掃除を苦なく終わらせます。

そして、自分の楽しい時間(ゆっくりする時間)を獲得出来るという、アハ体験をしました。

日々、私はそういう研究をしていますが、どれも目的は、「素敵な暮らし」なのです。

その次の趣味として狙っているのは、家庭菜園です。

もちろん、女性としての年齢肌対策もシズカニューヨークという化粧品で、怠りなくやっています。

シズカニューヨークの効果は、私が思っていた以上に素晴らしく、シミやシワだけでなく、ハリやたるみにも良い感じです。

 

 

乳酸菌には色々な健康作用があります

母は重度のあとピーで、私も遺伝してしまったみたいで、同じくあとピーになってしまいました。

いつも肌がカサカサになって、日々保湿を欠かすことができません。

スキンケアをしっかりしないと、外出もできなくなってしまうのです。

母のせいではないですが、いつか私の子もいっしょに遺伝してしまうのかと思うと、恐ろしくなります。

昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、特に整腸作用に効き目があるというふうにいわれています。

内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活性化し、体の中で蓄積した便が出やすくなります。

その為、便秘や下痢になりにくくなり、乳酸菌を常用することで内臓、腸を整える効果が高まります。

乳酸菌シロタ株と言えばヤクルトですが、過去に白血病に罹患し、闘病した経験のある渡辺謙さんのCMでも有名です。

見事に白血病を克服し、ハリウッドでの演技が高い評価をうけているCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、とても効果が期待できそうな気分がします。

セラクルミンの口コミによると、乳酸菌があとピーをよくすることが明らかになってきました。

ご存知の通り、あとピーの引き金となるものは色々ですが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって原因となることもあります。

多くのあとピー患者は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることがあとピーを治す第一歩となります。

便秘にいい食べ物を毎食摂っていますが、それは何かと言うとバナナプラスヨーグルトです。

毎朝食している間に、便秘が解消してきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲むことも終えました。

現在ではポッコリしていたおなかも、ひっこんできていて喜ばしいです。

もし便秘になっても、薬によって簡単に、なんとかできると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、まず最初に食事を見直してみてください。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂取する事が効果的で、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂取する事が大切です。

後は、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

オナカの環境を正しく整えると美肌になると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私です。

でも、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで、乳酸菌をふくむ食品だそうです。

私はてっきり、乳製品からしか摂れないのだと思っていたので、ちょっと照れくさいです。

オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として、高く興味を持たれています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌の活動は活発になり、内臓に悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれるものです。

ですので、乳酸菌とオリゴ糖は、いずれもおなかの機能増進や健康の維持には必須な成分であるといえます。

 

 

ニキビや吹き出物が出来やすい

実はニキビケアには、栄養のコントロールが必須です。

脂質や糖質を多く含んでいる物を摂取し過ぎることは、ニキビの一因になります。

チョコは脂質も糖質も多く含有しているので、あまり取り過ぎないようにした方がいいです。

カカオ多分に含有し糖質の少ない物は、お肌にも良い効果があるので、ぜひとも食べたい時には成分表を考慮にいれましょう。

また、ニキビや吹き出物が出来やすいと苦しまれている方には、体質改善を目指す事をオススメします。

ニキビや吹き出物が出る誘因としては、甘い物や油分の多い食べ物を食べることが挙げられます。

それらを少しも摂取しないと辛いですが、野菜や発酵食品などを多く摂取する事によって消化能力が好転し、体質改善にも関係します。

さらに、育ち盛りの中高生ならプラステンアップで体質改善することによって、ニキビや吹き出物が良くなるだけでなく、身長も伸びる効果が期待できます。

ちなみに、ニキビを気にしているからといって顔ばかり洗い過ぎると、必要な油脂をも洗い落としてしまい、かえってニキビが悪化する原因ともなります。

多く洗うとしても、顔を洗うのは一日に二回までにしましょう。

肝心なのは洗顔を十分に泡たてて、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまでも泡だけで顔を洗うこと、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。

ニキビが繰り返されるときは、単に一般的なニキビケアをするのではなく、ニキビの根本的な原因を取り除いてくれるケアをしていくことが大切ですよ。

 

 

ママチャリを購入しました

ここ最近の事なんですが、日常使いとしてどうしても必要になってしまった為に、近くのホームセンターにて一番安いママチャリを購入致しました。

ママチャリと言っても、ママチャリという用語自体が俗称ですので、いわゆる普通の自転車と言うかシティサイクルというやつですね。

そんなありふれた自転車なんですけれど、そもそも私自身自転車自体にもう何年も乗っていない状態です。

なので、果たして久々の乗車なので上手くバランス感覚が取れるだろうか、とか、上手に漕げるだろうか、等々購入時に大いに不安が残りました。

しかし、不安もなんのその、何年か振りだったものの案外乗ってみたら体が覚えているものなのか、なんとか漕げました。

今は気候的にも丁度良いので気持ち良く運転する事が出来ました。

でも、きっとはたから見たら、危なっかしい運転でヨロヨロしている自転車だな…と、私の運転は思われているんだろうなぁと思います。

あと、普段から運動不足気味だったのが祟ったのか、たった十~二十数分漕いでいるだけでも息が切れます。

一日乗っただけでも太ももが痛くなり、早くも足が筋肉痛状態になってしまいました。

その日の夜は、お風呂の湯船にゆっくりと浸かって太ももや脚を丁寧に揉み解しましたが、これは一日も早く自転車に慣れないとなぁと痛感致しました。

何よりも、私よりも若い方や、逆に年を重ねていらっしゃる方が、すいすいと器用に自転車を漕いでいます。

そんな姿を眺めていると、つくづく年齢を感じてしまう今日この頃であります。