妊活中の冷えは厳禁です

私もサプリメントで葉酸を摂取することのは、妊娠初期からずっと続けていました。

ですが、妊娠中期に指しかかってから、赤ちゃんが大聴くなるためにはカルシウムも必要だと気づき、牛乳を飲む量を今までの倍にしました。

急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて、おなかがごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。

そして、妊娠後期に入ると鉄欠乏性貧血ということで、ヘム鉄の配合された薬を服用しました。

でも、それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合された、わかめペプチドなどのサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。

ただし、あまり多くの種類のサプリを飲むと、成分の必要量を超えてしまうこともあるので、わかめペプチドは効果なしということになりかねません。

なお、多くの女性が、自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。

妊活中の冷えは厳禁で、体を冷えないようにすることも大切な妊活の一環です。

それに関連して、腹巻や冷え取り靴下をお勧めします。

これらは冷えの解消に効果があり、これらを使ったことで自然に妊娠し立という報告も多く、気軽にできて、さらに効果ももたらしてくれる妊活と思われます。

ただし、妊活中の喫煙は止めましょう。

もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で体にマイナスに作用し健康に問題が出て、妊娠しにくくなるケースがあるのです。

喫煙による妊娠への影響は、女性に限った話ではなく、男性にも該当します。

女性は排卵障害、男性は精巣機能の著しい低下が指摘されています。

ですので、妊活中の方はご夫妻で禁煙するのがおススメです。

ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂ることが大切な栄養素です。

サプリメントやビタミン剤をあつかうほとんどのメーカーで、葉酸の入ったサプリメントや薬を売っています。

ですが、購入時に気をつけなくてはならないのは、何が入っているのかすべて見ておくことです。

特に、妊娠初期は身体が敏感になっているので、不要な添加物や香料が入っていない安心して摂れる製品を選んでください。